ページの先頭です

全面リフォーム事例
トップページ >> 全面リフォーム事例 >>A邸(江戸川区)

バリアフリーな家は安全で優しく美しく A邸(江戸川区)

画像クリックで拡大表示されます。

施工事例イメージ

施工事例イメージ

施工事例イメージ

施工事例イメージ

施工事例イメージ

施工事例イメージ

施工事例イメージ

施工事例イメージ

施工事例イメージ

施工事例イメージ

築34年のマンションのリフォームで、A様ご夫妻が希望したのは、「障害があっても暮らしやすい、明るく開放的な家」でした。床を12センチ上げて、室内全体をバリアフリー化しました。ドアは開けやすい引き戸に替え、キッチンカウンターや玄関の腰かけスペースなど、随所に丸みを持たせています。空間を小さく仕切っていた壁を取り払い、白とダークブラウンの広々としたLDKにすることで、明るく開放的で、随所にハンデを持つ人への配慮がされている住まいを実現しました。

問題点


  • 床下配管が原因で、床に段差がある
  • ドアが多くハンデのある人が使いにくい
  • 空間が小さく仕切られていて、開放感がない

施工データ

現場名 A邸 築年数 34年
構造 - 住所 江戸川区
工期 40日 施工面積 -
目安金額 1050万円 家族構成 ご夫妻と子ども

施主様コメント

何社か相見積りを取った中で、提示された金額は一番高かったのですが、打合せをしながら図面を書いてもらえたので解りやすく、スムーズに希望を理解してもらえました。プランナーのセンスもよく、現場監督もされるということで、話の行き違いが発生することもないと思い、安心して依頼しました。 仕上がりは予想以上! やはりインテックスに決めて正解でした。息子も以前より使い勝手が良くなって、とても気に入っているようです。

担当者より一言

お子さんのためだけのリフォームではなく、これから年を重ね、高齢者となるご両親にとっても住みやすい空間・デザインであることを考えました。結果的に、すべての家族が使いやすい、開放的で安全でユニバーサルな空間になりました。細かいデザイン部分はご家族全員に参加していただき、特にご長男夫婦の若々しい感性は大変勉強になりました。「会話が増えたね」というご夫婦の言葉が、とてもうれしかったです。